ホーム » フラット35 リノベ

フラット35 リノベ

大分で【フラット35 リノベ】なら、
中古住宅リフォームのプロフェッショナル・カワノへ!

近年「中古住宅を購入し、快適な住まいにリフォームを行って、自分たちらしく暮らしたい」と願うお客様が増えています。

そうしたお客様の多くは、「リフォームローン」の借入を検討されます。

ところが、リフォームローンの金利は、たいてい住宅ローンの金利より高いのがネック。中古住宅取得とリフォーム費用一体型のローンも存在しますが、金利によっては総額が割高になることもあり、皆さん頭を悩ませます。

悩み、探し、調べて、検討して・・・

その結果、35年間固定金利で支払いが出来る【フラット35】という魅力的なローンにたどり着きます。今このページを読んで頂いているあなたも、そうだったのではないでしょうか?!

※もしかすると、 新築住宅を建てるときに「使った」という方もいるかもしれませんね。事実【フラット35】は、新築住宅の建設時にかなりのニーズがあるローンです。

そんな【フラット35】。実は新築住宅だけではなく、中古住宅の「リノベ(リノベーション)」にも使えることをご存知ですか?

ひょっとしたら、【フラット35 リノベ】の存在を知って色んな業者さんに問い合わせたけど、「どの業者さんに尋ねても詳細がイマイチ分からない」とお悩みではありませんか?

そうしたお客様のために、このページでは、これから中古住宅購入+リフォームを検討している方々のために、【フラット35 リノベ】の特徴を、できるだけ分かりやすくお話ししていきたいと思います。

なぜ今【フラット35リノベ】が注目されているのでしょう?

【フラット35 リノベ】が注目されている最大の理由は、今の超低金利時代において「35年間固定金利」であることです。

固定金利型ローンのメリットは以下2点。

  1. 返済額が先々まで確定するため、将来的な資金計画が立てやすい
  2. 金利が上昇しても返済額には影響しない

逆にデメリットは、

  • 金利が低下しても返済額には影響しない

上記のデメリットはあるものの、フラット35の公式ページで金利の推移を俯瞰してみても、近年、大きな変動がないのが分かります。

民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)
引用元:ずっと固定金利の安心【フラット35】「民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)」より

とくに昨今は“先の見えない時代”と言われていますから、固定金利で“先が見える”ことはますます重要なポイントになってくるでしょう。

▽【フラット35の金利情報】
https://www.simulation.jhf.go.jp/flat35/kinri/index.php/rates/top

【フラット35 リノベ】についてよくある質問

【フラット35 リノベ】について、当社ではいつも多くのご相談を受けます。

使いたいのに、使えない・・・それはとても大きなストレスですよね。でも、大丈夫です!カワノなら皆さんのお悩みにスッキリ答えます!!

Q:他の業者にも問い合わせたのですが分からないと言われました、とにかく情報が少ないので、詳しい話を聞きたいんです

A:カワノは【フラット35 リノベ】を熟知しています。お任せください!

ここでいったん、【フラット35 リノベ】について解説しておきます。

まず、このリフォームローンを使える人とは、「中古住宅の購入とあわせて、一定の要件を満たすリフォーム工事を実施する」方です。該当すれば、【フラット35】の固定金利を引き下げて借入できるという、お得なもの。

対象となるリフォーム工事は次の4つ。

  1. 省エネルギー性リフォーム
  2. 耐震性リフォーム
  3. バリアフリー性リフォーム
  4. 耐久性・可変性リフォーム

それぞれの内容はのちほど詳しく説明するとして…

これなら、誰にでもあてはまりそうだと思いませんか?でも、“一定の要件を満たすリフォーム工事”という部分が知りたいですよね?

【フラット35 リノベ】には、2つの金利プランがあり、それぞれ金利の引き下げ期間と“一定の要件”が異なります。1つずつ見ていきましょう。

●フラット35リノベ 金利Aプラン

 

ポイント① 金利引き下げ期間 = 当初10年間

借入当初から10年間の金利が申し込み時の割合分引き下げて適用され、10年目以降は引き下げ前の金利が適用されます。

ポイント② リフォーム工事費 = 300万円以上

対象となるリフォームを含む、リフォームの総費用が300万円以上の場合に借入ができます。

ポイント③ リフォーム工事後の基準を満たすこと

ここが、“一定の要件”の重要な部分。4つの対象リフォームについて、その基準が明確に決められているんです。

  • 省エネルギー性 = 一次エネルギー消費量等級5の住宅

    冷暖房、給湯、照明などに必要なエネルギー消費量減らすための設備を設けることが基準です。

  • 耐震性リフォーム = 耐震等級3の住宅

    耐震等級3とは、現在日本で認められている最高レベルの耐震性能。数百年に1度レベルの強い揺れが起きても、倒壊・崩壊しない強度が求められています。

  • バリアフリー性リフォーム = 高齢者等配慮対策等級4以上の住宅

    高齢者や障がい者が生活しやすいよう決められた基準で、高い等級ランクを満たす必要があります。

  • 耐久性・可変性リフォーム = 長期優良住宅

    長期にわたって良好な状態で暮らせる住宅の基準を満たしている必要があります。

10年間の金利優遇が受けられるだけあって、かなり高い基準となっていますね。

すでにこの基準を満たしていて、あらたなリフォーム工事を行う場合は、続いてご説明する金利Bプランをご利用いただくことになります。

●フラット35リノベ 金利Bプラン

 

ポイント① 金利引き下げ期間 = 当初5年間

借入当初から5年間の金利が申し込み時の割合分引き下げて適用され、5年目以降は引き下げ前の金利が適用されます。

ポイント② リフォーム工事費 = 200万円以上

対象となるリフォームを含む、リフォームの総費用が200万円以上の場合に借入ができます。

ポイント③ リフォーム工事後の基準を満たすこと

金利Aプランに比べ、こちらはやや条件低め。より身近なリフォーム内容となっています。

  • 省エネルギー性

    断熱材の追加工事
    断熱性の高い開口部への交換工事
    高効率空調機・高効率給湯器・太陽光発電設備等の設置工事 など

  • 耐震性リフォーム

    壁・筋かい等の設置工事 など

  • バリアフリー性リフォーム

    手すりの設置工事
    通路または出入口の幅広拡幅工事
    バリアフリートイレまたは浴室への交換工事 など

  • 耐久性・可変性リフォーム = 長期優良住宅

    床材の交換工事
    屋根・外壁の塗装・防水工事
    天井・内壁等の壁紙等の交換工事 など

以上が大枠となります。理解できましたでしょうか?

Q:基準が複雑で、手続きも大変だから対応できないと言われました

A: 確かに複雑ではありますが、カワノはこの道のプロ。実績も豊富です。

「基準が複雑」とはいっても、ハッキリと明記されている分、とっつきやすそうな感じがしませんか? なのに、どうして「対応できない」という業者さんが多いのかというと、基準を裏付ける「手続き」の部分が、ちょっとややこしいんですよね。

というのも、さきほどの“一定の要件”に関わる部分で、金利プランA・Bともに「中古住宅の維持保全にかかる措置」というものを行わなければいけません。

措置とは
  • インスペクションの実施

    住宅の劣化状況などについて専門家の調査を受けること

  • 瑕疵保険の付保など

    のちのち補修費用をまかなえる保険に入っておくこと

  • 住宅履歴情報の保存

    将来また工事をするときのために、
    どのようなリフォーム工事を行ったか写真や図面などで履歴を残しておくこと

  • 維持保全計画の作成

    リフォーム工事後の住まいを、長く良好な状態で使用するためのプランを作成し、提出すること

の、いずれか。

どれを選ぶにしても、それぞれ専門家・専門機関とのやりとりが必要ですし、最終的には「適合証明検査機関による適合証明検査」を受け、適合証明書の交付を受けることが義務付けられています。

これは、どこにでも頼めるというわけではなく、都道府県ごとに機関が決まっていて、たとえば大分県では大分県建築住宅センターへ依頼することになっています。

さらに。そもそも購入しようとしている住宅の耐久性などについても「技術基準」が設けられているんです。

技術基準とは

例えば

  • 床面積が70㎡であるかどうか
  • 耐火構造であるかどうか
  • 基礎にひび割れや欠損がないか

などなど(今挙げたのはほんの一部だけです!)、長く暮らせる快適な住まいにリフォームできる状態かどうかを見極めるもの。そのための「物件検査」を受け、さきほどの「適合証明書」をもらわなければ先に進めません。

ちなみに、すでにフラット35で新築をした住宅や、築20年以内の長期優良住宅の場合は、この物件検査を省略することができます。

いかがでしょう?なかなかに段取りが多いと思いませんか?!それゆえに、扱い慣れてない業者さんだと、「対応できない…」となってしまうのです。

ところが、カワノはもともと中古住宅の長期優良住宅やリフォームや、耐震リフォームを得意としているため、常日頃からこういった手続きに慣れているんです。そのため、ご相談やご依頼をいただいてすぐに、お客様の状況から必要な手続きを把握し、スムーズに関連機関の手続きへと進められます。

Q:どんなリフォームに適用できるのか教えてもらえますか?

A:まずはお客さまのご希望をお聞かせください。適切なプランをアドバイスさせていただきます

大前提として。そもそも、【フラット35 リノベ】に適合するリフォーム・リノベーションには2つのタイプがありまして。

  1. 中古住宅を購入後、リフォームを行う場合 = リフォーム一体タイプ
  2. リフォーム済みの中古住宅を購入する場合 = 買取再販タイプ

このどちらかの場合、申込みが可能です。カワノはリフォーム工事を得意としていますから、お問い合わせいただくのは1.の方ですね。

そしてさきほど、対象となるリフォーム工事を4つお伝えしましたが、専門用語が並んでいたりして、基準の中身がピンとこなかったりしますよね。それについては後半で、事例をあげながら分かりやすく解説します!

▽ フラット35活用事例:中古住宅購入から補助金フル活用リノベーション

中古住宅購入から補助金フル活用リノベーション

Q:知り合いからカワノさんならできると聞いて来ました

A:はい、もちろん! まずはどんなお悩みでもご相談ください

カワノが「フラット35 リノベ」をおすすめする(得意な)理由

では、なぜ当社が【フラット35 リノベ】をおすすめできるのか、そしてどうして得意分野なのか、以下でご説明させていただきます。

①カワノは、長年【中古住宅の長期優良住宅化リフォーム】を得意としているため、【フラット35 リノベ】にその知識を応用できる

まず、お客さまからのご相談に多い「他の業者さんにも問い合わせたのですが分からない/対応できないと言われた」という点ですが、確かに【フラット35 リノベ】は、借入条件となる技術基準や検査事項が事細かに記されており、扱いが難しいのは事実です。

ただ、そもそもフラット35は政策金融機関である住宅金融支援機構の商品。国土交通省の推進する【長期優良住宅】の制度と内容が類似しています。

▽ 国土交通省「長期優良住宅」のページ
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html

当社は長年、【中古住宅の長期優良住宅化リフォーム】を得意としているため、【フラット35 リノベ】にその知識をすんなりと応用できるのです!

②カワノは【耐震工事】のプロフェッショナルだから

カワノは、大分県下ナンバーワンの実績を誇る、耐震工事のプロフェッショナルです。

(2020年7月現在)

  • 耐震診断実績数=1000件以上
  • 耐震改修実績数=300件以上

実は、【フラット35 リノベ】の借入審査では、「耐震性能」が重要なポイントのひとつとなります。

購入しようとしている中古住宅が、2000年以降に建てられ、現行の建築基準法が定める耐震基準を満たした住宅であったり、【フラット35】を利用して建てられるなどしていれば問題ないのですが、そうでない場合は「物件検査」を受けなければなりません。

多くの業者さんが難色を示すのが、この「物件検査」の部分。しかし、当社は日頃からその手続きを行っており、経験・実績も豊富です!

さらに、お客さまのご依頼内容やご家族構成などによっては、自治体の助成金・補助金が活用できる場合もあり、プラスアルファのアドバイスも行っています。

【フラット35 リノベ】を含め、各機関への申請手続きも代行できます!

まとめ

中古住宅を購入し、リフォームして、安全で快適な暮らしを実現したい皆さま。

【フラット35 リノベ】について「分からない!」「もっと詳しく知りたい!」とストレスを感じていましたら、まずは物件購入の前に事前に株式会社カワノへご相談ください。

住宅ローンについてだけではなく、その他、助成金・補助金の活用を含めて、お客さまに最適なご提案をさせていただきます。

皆さまの夢を叶えるお手伝いをさせていただけることを、楽しみにお待ちしております。

0120-52-7048
定休日 水曜、第1・3木曜

お問い合わせ
https://www.i-kawano.co.jp/contact/

▽住宅金融支援機構【フラット35 リノベ】について
住宅ローン【フラット35】の住宅金融支援機構
https://www.flat35.com/loan/reno/index.html
https://www.flat35.com/lp/19/rino_reform/index.html

【フラット35 リノベ】について一覧

    一覧を見る

    耐震工事実績 大分県下No.1のカワノが家造りをサポート!